自信がない人に教える時、気をつけてほしい『5つ』のポイント

自信がない人に教える時、気をつけてほしい『5つ』のポイント

突然ですが。
自分はどちらかというと、いろんなことに自信が無い

不安を埋めるべく、本を読んだりして。
で、これまでそれとなく、こなしてきたつもりです。

(´・ω・`) がんばらないとね

で、そんな自分が人にモノを教わった時、されて嫌だったことがある。

それをされると、余計に自信を無くしかねない。
そんな教え方。

だから、逆に自分が教える側に立った場合は、それを避けるようにしています。

というわけで、ここでは自分の体験を元に、自信のない人にモノを教える際に気を付けると良い「5つ」のポイントを紹介します。

きっと、どれも「なるほどな」と思っていただけるはずです。
ぜひあなたの目の前にいる、自信のない人を救ってあげてください。

(`・ω・´)b お願いしまっす!

一緒にやる意識

まず1つ目は、一緒にやる意識を持つです。

これはどういうことか。
例えば、次の2つのセリフ。

1)「じゃあ、これ読んでやっといてね。」

2)「じゃあ、これ読んでやっといてね。一緒に頑張ろうな

どちらも結局、1人でやるには違いないのですが。
でも、後者のほうが安心感があります。

つまり、ひとりじゃないよと。
一緒にやるから安心していいよという。
そういう「意識」です。

(´・ω・`) 一人で任されると心細くなるんですよね

くれぐれも、これは言葉のテクニックというわけではないです。
普段から「一緒にやっているよ」という意識
その意識を感じられると、心理的に助かるということです。

最初から問題を出さない

2つ目の要素。最初から問題を出さない

どういうことか。

これはもう例示したほうがわかりやすいですね。
例えば、こんな感じ。

「よし、じゃあ教えるよ。この問題の答えは?まずは自分で考えてみて。

いや、わからないんですから。
考えてみて、と言われても。

自信が無い人の場合、これをされると途端に追い詰められてしまう

なお、この教え方は出来る人ほどやりがちです。

でも、これは階段を3~4段ぐらい飛ばして教えてるような。
教わるほうには負担が大きいです。

(´・ω・`) 最初は少しずつ手ほどきを・・・

笑わない

3つ目の要素は笑わないこと。

これも具体例を。

「あー、そこからわかんないか(笑)
なるほどね。よし、じゃあそこからいくよ?」

悪気はないのはわかります。
むしろ、リラックスさせようとしているのかもしれない。

しかし、自信のない人というのは、笑われると自分が笑われているように思える

そして、自分がますますできない人間に思えてくる。

自信がない人ってのは、役に立とうと必死。
必死に教わろうとしている。

ですので、教える側も真剣にやったほうがリスクが少ないです。

(´・ω・`) とっても繊細なんです・・・

自分もそう

4つ目は「自分もそうだった」と話してくれること。

ありますよね、この心理。
単純ですが、これはかなり救われる

例えば、こんな感じ。

「ミスなんて気にしなくていいよ。最初は僕もそうだったから

自分だけじゃないんだ、と安心できる。

さらに相手の気遣いも感じる。それがうれしい。
相手との距離感も近くなるメリットもある。

このポイントは、シンプルでありながら効果絶大。

(´・ω・`) どうか言ってあげてくださいね。僕もそうでしたから。

学び方やコツを教える

最後の要素。
学び方やコツを教えること。

自信が無い人ってのは、本人なりに頑張ろうとしています。

ところが、努力の方法すらわからない場合
改善できないし、不安も解消されない。

教えるというのは例えば、こんな感じ。

「なら、この本を読むといいよ。僕はこれで出来るようになったから」

「この荷物を持つときは、ヒザの上に乗せる感じにすると楽だよ」

などなど。

これは、知識やコツを教えているだけじゃない。
「心のよりどころ」を与えている。

自信が無いというのは、改善の方法がわかっていないともいえる。
だから、道筋を作ってあげる。

(´・ω・`) 努力の方法がわかれば迷わなくなります。

あとがき

5つのポイントを紹介してきました。

教えるという行為は、とても奥が深い。
「教える技術」的な本も、世の中には山ほど出版されています。

自分も興味を持ちまして、いろいろ読みました。

上の2つも参考になりましたが。
でも断然、おススメなのはこの本ですね。

Amazonで100件以上のレビューがついて星が4以上。
この本は、とんでもなく参考になりました。

内容は「教える」というより、相手をどう「育てる」か。
それをわかりやすく説明しています。

ストーリー仕立てで読みやすさも抜群です。
教えることに興味を持っている方は、ぜひ読んでみてください。

(`・ω・´)b 自信のない人をどんどん救ってあげてください!

トップへ戻る