ティファールのフライパンの耐久性は低い?実際に使ってみた結果【レビュー】

ティファールのフライパンの耐久性は低い?実際に使ってみた結果【レビュー】

自分は一人暮らしで、日々、自炊しております。

(´・ω・`)結構、料理は好きかも。

そんな自分ですが現在、ティファールのフライパンを使っています。

実は。
個人的には、このフライパンはかなり気に入っております

しかし、数年使いこんで、さすがにこびりついてきたので今回、新しく買いなおしました。
こちらです↓
ティファールのフライパンちなみに、この画像は、部屋にクッション座布団を敷いて、その上に置いて撮影しております。

(´・ω・`)部屋の光源の具合で、これが一番良い感じなもので・・・

そんなわけで今回は、買いかえるまでに使ってきたティファールのフライパンの耐久性や特徴、注意点を紹介したいと思います。

仕様を簡単に説明

まずは、今回のフライパンの仕様を簡単に説明。

主にガス用のフライパンです。
電磁調理器(IH)には使えませんので、ご注意ください↓

ティファールを買ったきっかけ

まず、フライパンはティファール以外を3社使ったことがあります。

といっても有名な会社のではなく、ホームセンターやスーパーで買ったようなものです。

それまでの3社でも別に不満はなかったんです。
でも、たまには有名どころを使ってみるかと。

で、ティファールを買ってみたら、これがとても良かった

(´・ω・`)それらを使ってなかったら、この良さはわからなかったかも。

どの点が良いのか

良いなと思った点はいくつかありますので、それらを順に紹介します

価格

まず、価格がリーズナブル
お高くとまっていない。

有名どころのキッチン道具というのは、えらく高額なことが多い。
5万円だの、8万円だの。

だから、自分も思い込んでいました。
「どうせティファールとやらも、お高いんだろう」と。

そう思っていたら全然安かった

(´・ω・`)これなら買いなおしもしやすい

滑り

これには特に感動しましたね。
表面がツルツルなんですよ!

料理がこびりつかないのは当然ですが、なんと言えばいいか。
表面の滑り具合が違うんです。

これまでに使った他の3社よりも、もっとなめらかな感じ。
滑りが良いという風に思ったのは、このティファールが初めてでした。

(´・ω・`)なめらかだとものすごく料理がしやすいんですよね

重量

ティファールは軽い
これもポイントが高い要素ですね。

実は3社目のフライパンはめちゃくちゃ重かった
当時は「フライパンは厚みがあるほうが、料理を上手に作れる」とかなんとか。
そんな話に影響されて、その分厚いフライパンを買ったんですが。

(´・ω・`)それで上手に作れたかどうかは定かではない

その点、ティファールは軽い。
自分は男ですが、女性にはこちらのフライパンを使わせてあげたいですね。
フライパンって食材も載るとそれなりの重さになりますので。

耐久性はどれぐらい

今回、ティファールのフライパンを初めて買い替えたわけですが。

1~2回目のどちらもAmazonで買いまして。
今回の記事を書くにあたって、それらを注文履歴を調べました。
すると、下記のように判明。

前回買ったのが「2016年4月4日」↓

今回買ったのがこちら。「2018年3月4日」です↓

つまり、大体2年です。

(´・ω・`) ちなみに1日に2~3回使っています

これを長いとみるか、短いとみるか。

一般的なフライパンの耐久性とは

実はフライパンの耐久性について調べたことありまして。

まず、基本的にこうしたコーティング系のフライパンというのは、さほど寿命は長くない。
おおよそ1~2年ぐらいで焦げつき始めます。
ですので、数年で買い替えるといった使い方になります。

(´・ω・`)だからこそ価格が手頃なのはありがたい

あと、もちろん使いようによっても変わります。
チャーハンとか火力の強い料理をやる人は、半年しか持たないという人もいます。

ですので、料理によってフライパンを使い分けている人もいるようです。

中央のマークはどうか

ちなみに、ティファールのフライパンには、ある機能が付いている。
中央の赤いマークです。こちら↓
これは料理のタイミングを教えてくれるというもの。
印が変わると「調理の準備ができたよ~!」という合図になる。
しかし、このマーク、一度も気にしたことが無い

これは個人的には、おまけ程度の機能だと思っています。

(´・ω・`)買い替えるまですっかり存在を忘れてましたよ。

買い忘れの無いように

ティファール専用の蓋(ふた)
これがあると煮たり、蒸したり、非常に便利。

それまでに他社のフライパンで使っていた蓋もあったのですが。
サイズが合わなかったので、後から蓋を買い足しました。

今回の記事用に撮影したフタの画像。
目玉焼きを作っております↓
純正ですのでピッタリ収まりますね。

蓋を立てるなら

料理中には蓋を立てたくなる
そんなときにはこちら。

山崎実業の「お玉&鍋ふたスタンド」

最高のスタンドですね。
先ほどのティファールの蓋とバッチリ合います。

余談ですが、これを買う前に、別の安物のスタンドを買いました。
しかし、その安物は蓋の重さに耐えきれず、蓋が倒れてしまいました。

(´・ω・`)設計がおかしいっしょ・・・

まとめ

今回はティファールのフライパン(&フタとスタンド)を紹介しました!

やっぱり良いですね、新しいフライパンは。
ウキウキする感じといいますか。
滑りが良くて快適なので料理が楽しくなります。

さて、これはおススメ商品かと言われれば?

(`・ω・´)b もっちろん!おススメでしょう!

トップへ戻る