スポンサーリンク

WordやExcelの実用的な超厳選おすすめショートカットキーまとめ

WordやExcelのショートカットキーは結構な数があります。
一覧を見せられても、初心者にはどれが重要なのかわかりづらいです。

computer_shortcut1

そこで、このページでは、最初に覚えておきたいショートカットキーだけを抜き出してみました。
どのショートカットキーも使用頻度はかなり高いと思います。

また、指の距離が遠いショートカットキーは動作が大きくなるので、思い切って省いてあります。

例えば「印刷」のショートカットキーは[Ctrl]+[P]ですが、この2つのキーは両手で押さないといけないので面倒です。
(または左手一本で右側の[Ctrl]キーを押しながら[P]を押すという方法もありますが、いずれにせよ動作が大きくなります)

他にもいろいろな事情を総合的に考慮して選んでいます(「印刷」はそこまで連続使用する操作ではない、代替のボタンが用意できる、など)
逆に、指の距離が離れていても、必要なキーは載せています。
 
 
つまり、実用を想定した超厳選のショートカットキーとなっています。
ショートカットキー初心者の方は、以降に紹介するキーをまずは覚えてみてください(^^)

スポンサーリンク

WordとExcel 共通のショートカットキー

word-excel-logo

WordとExcelに共通しているショートカットキーです。
これらのキーは、他の多くのソフトでも使用できます。

[Ctrl]+[C] コピー
[Ctrl]+[X] 切り取り
[Ctrl]+[V] 貼り付け
[Ctrl]+[A] すべて選択
[Ctrl]+[F] 検索
[Ctrl]+[Z] 操作を元に戻す
[Ctrl]+[Y] 操作を繰り返す

Word のおすすめ厳選ショートカットキー

word-logo

  Wordのショートカットキーは、多くが書式の変更に関する操作になります。

【書式】(文字書式)
[Ctrl]+[B] 太字
[Ctrl]+[I] 斜体
[Ctrl]+[U] 下線
[Ctrl]+[D] [フォント]ダイアログ ボックスを開く
[Ctrl]+[ (始め角かっこ) 文字を1ポイント小さくする
[Ctrl]+ ](終わり角かっこ) 文字を1ポイント大きくする
[Ctrl]+[Space] 文字の書式を解除
【書式】(段落書式)
[Ctrl]+[E] 中央揃え
[Ctrl]+[R] 右揃え
[Ctrl]+[5] 行間隔を1.5行にする
[Ctrl]+[2] 行間隔を2行にする
[Ctrl]+[Q] 段落の書式を解除
【書式】(文字・段落共通)
[Ctrl]+[Shift]+[C] 書式のみコピー
[Ctrl]+[Shift]+[V] 書式のみ貼り付け
【ファイルの保存】
[F12] 名前を付けて保存する
[Ctrl]+[S] 上書き保存
【その他】
[F4] 直前の操作を繰り返す
[F5] [ジャンプ]の画面を表示する
[Shift]+[Enter] 段落を変えずに改行
[Ctrl]+[Enter] 改ページ
[Shift]+[F5] 直前の編集位置に移動する
[Ctrl]+[Alt]+[V] データを貼り付ける際に形式を選択する
[Shift]+[Alt]+[↑][↓] 段落を1行分、上または下に移動する

Excelのショートカットキー

excel-logo

Excelのショートカットキーは、「データ入力」や「セル移動」、「画面のスクロール」に関する操作が主です。

数が多いように見えるかもしれませんが、[Shift]や[Ctrl]の組み合わせで増えているだけですので、把握してしまえば覚えるのは見た目ほど大変ではないと思います。

【データ入力】
[Enter] 入力を確定後、アクティブセルを下に移動
[Shift]+[Enter] 入力を確定後、アクティブセルを上に移動
[Tab] 入力を確定後、アクティブセルを右に移動
[Shift]+[Tab] 入力を確定後、アクティブセルを左に移動
[Alt]+[Enter] セル内で改行
【セル移動】
[Home] 行の先頭に移動
[Ctrl]+[Home] セルA1に移動
[Ctrl]+ 矢印キー データが途切れるセルに移動
【範囲選択】
[Shift]+[Home] 行の先頭まで選択
[Shift]+[Ctrl]+[Home] セルA1まで選択
[Shift]+[Ctrl]+ 矢印キー データが途切れるセルまで選択
[Shift]+ 矢印キー 各方向に範囲を広げる
[Ctrl]+[Space] 列を選択
[Shift]+[Space] 行を選択
[Ctrl]+[Shift]+[:] 表全体の選択
【画面の移動】
[PageUp][PageDown] 1画面分、上または下にスクロール
[Alt]+[PageUp][PageDown] 1画面分、左または右にスクロール
[Ctrl]+[PageUp][PageDown] 前また次のシートに移動
【ファイルの保存】
[F12] 名前を付けて保存する
[Ctrl]+[S] 上書き保存
【その他】
[F4] 直前の操作を繰り返す
[F4](数式の入力中) セルを固定する。絶対参照。(A1→ $A$1)
[Ctrl]+[1] [セルの書式設定]ダイアログボックスを表示する

まとめ

Word・Excelの厳選ショートカットキーは、以上となります。

紹介した以外のショートカットキーになってくると、人によって使う使わないの差が大きくなってくるだろうと思います。

まずは紹介したショートカットキーを覚えて、活用してみてください(^^)

タイトルとURLをコピーしました