Simplicityで記事を2列や3列にする方法(Shortcodes by Angie Makesを使用)

simplicity-kiji-column-x1


WordPressで作っている別サイトで記事を2列にしたくなりまして。

で、CSSで「float…」とかやっていたんですが、
「…あれ?ひょっとして、プラグインでいけるんでないの?」と思って調べてみたところ・・・。

あるじゃないですかぁ~!(´・ω・`) んもう、はやくいってよぉ
いやぁ、Wordpressすごいですね。

「WP Canvas Shortcodes」というプラグインを使用します。
【追記】現在は「Shortcodes by Angie Makes」という名前に変わったようです。

使用例を紹介。こんな感じで2列にできちゃいます。
simplicity-kiji-column0

2列の他に3列も可能です。
操作もすごく簡単なんです。ビジュアルエディターで使えますよ。
とってもわかりやすいんで超おすすめですね(^^)

インストールと使い方を順に説明していきます。

「Shortcodes by Angie Makes」をインストール

(1) WordPressの管理画面にログインします。

(2) [プラグイン]→[新規追加]とたどってクリックします。
simplicity-slideshow1

(3)キーワードに「WP Canvas Shortcodes」「Shortcodes by Angie Makes」と入力し、
表示されたWP Canvas Shortcodes「Shortcodes by Angie Makes」の[今すぐインストール]をクリックします。
simplicity-kiji-column2(4)その後、[有効化]をクリックして有効化します。これで準備完了です。
simplicity-kiji-column4

「Shortcodes by Angie Makes」の使い方

とりあえず、新規投稿の画面を使って手順を説明します。
ひととおり、この後の手順を試していただければ、「なるほど!わかった!」となっていただけると思います(^^)

(1)記事の新規投稿画面を用意して、[ビジュアル]エディターにしておきます。
simplicity-kiji-column5

(2)下図の赤枠が「Shortcodes by Angie Makes」によって増えたボタンです。
simplicity-kiji-column6

(3)”[]”のボタンをクリックした後、[Columns]をたどって、設定したい列をクリックします。例:[ 1/2 + 1/2 ]を選択
simplicity-kiji-column7

(4)すると、ショートコードが挿入されます。
あとは「Sample Content」の箇所をそれぞれ、列にしたい記事の内容に変えてください。
※他の箇所は列の開始、区切り、終わりを示すコードですので消さないようにします。
simplicity-slideshow8

(5) 下図は入力した例です。
simplicity-slideshow9

まとめ

「Shortcodes by Angie Makes」ですが、ボタンのメニューを見てもわかるとおり、記事を列に変える以外にもいろんなことができます。
今回はとりあえず、列にするのに使っただけですが、またいずれメニューの他の項目も調べていこうと思います(^^)

トップへ戻る