「iTunes」を再生中にタスクバーから消して非表示にする

「iTunes」を再生中にタスクバーから消して非表示にする

自分は、パソコンでiTunesをよく使います
マシンはWindowsです。

(´・ω・`)作業BGMでずっと流してますね

さて、iTunesというのは再生した後は、画面をそうそういじることはない。
起動して曲を流したら、そのまま放置。

ところが。

画面下のタスクバーには、ずっと「iTunes」が表示される。

これがすごく気になっていた。

(´・ω・`)ジャマくさい・・・

自分はウィンドウを5~6個広げて作業する。
なので、iTunesが場所をとっているのが、なおさら気にかかる。

で先日ふと「もしかしたら、消せるんじゃないか?」と思い立って、ネットで調べてみたならば。

消せました。

(´・ω・`)な~んだ。まあ、そりゃそうだよね

これで画面スッキリ!
あーよかった!

というわけで、本記事ではタスクバーからiTunesの表示を隠して非表示にする手順を紹介します。

iTunesの表示を隠す手順

タスクバーから「iTunes」の表示を隠す手順を解説します。

1.iTunesを起動します。

2.[編集]→[環境設定]をクリックします。
※もしも[編集]が表示されていない場合は、[Alt]キーを押すと表示されます。

3.[詳細]をクリックした後、下記の2つの項目にチェックを入れます。
・[iTunesアイコンをシステムトレイに表示する]
・[iTunesウィンドウをシステムトレイにしまう]

4.その後、[OK]をクリックして画面を閉じます。

5.あとは、iTunesで曲を再生した後、[最小化]ボタンをクリックします。
すると「iTunes」のウィンドウが画面から消えます。
さらに、画面下のタスクバーにも表示されなくなります。

iTunesのウィンドウを再表示するには

非表示になったウィンドウは、画面右下の「システムトレイ」に隠れています。
再表示する手順は、次のとおりです。

1.画面右下にある上向きの矢印(下図参照)をクリックします。
2.[iTunes]のアイコンをダブルクリックします。
すると、iTunesのウィンドウが再表示されます。

この設定でiTunesがますます手放せなくなりますね。

(`・ω・´)b 作業が捗りまくリング!

トップへ戻る