DTMで自分が使っているヘッドフォンとスピーカーを紹介!

DTMで自分が使っているヘッドフォンとスピーカーの写真

今回はご参考までに、自分が愛用しているヘッドフォンとスピーカーを紹介します。

ヘッドフォンのほうは、インナーフォンも含んでいます。

ヘッドフォンとスピーカー、それぞれ3つずつ使っています。
一応、それぞれに役割があります。

(´・ω・`)凝りだすと機材が増えていく・・・

あくまで個人レベルの使用です。
特に変哲のない内容かもしれません。

それでも「どれを買えばいいのかな・・・」と迷われている方に、一例として、ご参考になればと思います。

ヘッドフォン3つの後に、スピーカーを3つ、順に紹介していきます。

オーディオテクニカ「ATH-LS200」

ヘッドフォン関連で一番よく使っているのがこちら。
オーディオテクニカ の「ATH-LS200」です。

作曲用途にも使えるモニターインナーフォンです。

音の特徴として中音域の抜けが良い
低音も豊かではありますが、迫力があるほどではない。

押しつけてこない感じの音ですね。
長い時間聴いていても疲れないのが気に入っています。

個人的に、オーディオテクニカの音はニュートラルというか。
どちらにも偏っていない、そんなイメージの音だと思っています。

 どんな用途で使っているのか

作曲のほか、リスニング用にも使ってます。

LS200はBA型のインナーフォンです。
「BA型」はクリアで、音がくっきりしやすい特徴があります。

「BA型」(または「ダイナミック型」)などのインナーフォンの種類の詳細については、下記の記事で紹介しています。

DTMでインナーフォンを使って作曲したい、という人もいます。 (´・ω・`)かくいう、自分もそうです。 「自宅だ...

オーディオテクニカ 「ATH-CKS90」

こちらもオーディオテクニカで「ATH-CKS90」
ただし、先ほどのLS200は「BA型」でしたが、こちらは「ダイナミック型」です。

なお、自分はいまだに使っていますが、上記のモデルは生産終了しています。

現在の後継機は、こちらの「ATH-CKS990」です。

特にオーディオテクニカに、こだわりがあるわけではありません。
気が付いたら、この2つをよく使っていた、という感じです。

(´・ω・`)この2つが同じ会社だったことには、後になって気がつきました

商品名に「SOLID BASS」とあるとおり、低音が豊かです。
そのため、作曲時には低音の確認に非常に役立っています

特徴として、空気感があって、音を立体的に感じます。
ですので、空間の把握にも役立っています。

SONY「MDR-CD900ST」

SONYの「MDR-CD900ST」です。
定番中の定番ですね。プロの現場でもよく使われています。

音の解像度が極めて良く、定位も忠実。
原音の再現性も高い。

ヘッドフォンで3つ目に紹介しましたが、もしも最初に買うのであれば、これはオススメの1つですね。

この商品、久しぶりにAmazonで見てみたら、評価数がとんでもなく多くなっていました。
しかも高評価ばかり。

他のおすすめのモニターヘッドフォンについては、下記の記事で紹介しています。

DTMで初めて買うヘッドフォン。 調べてみたら、数が多すぎて迷っちゃいますよね。 (´・ω・`) どれがどれや...

GENELEC 8010APM

GENELEC社の「8010APM」です。
個人向けのDTMで、雑誌やネットなど、いろんな場所でオススメスピーカーによく紹介されています。

このスピーカーの特徴はとにかく小さい
小さいのですが、音の出が非常によく、解像感も高いです。
定位もはっきりとしています。

ただし、値段が高めです。
だから、コストパフォーマンスはちょっと良くないかも。

自分は置き場所の制約で、小さいスピーカーが欲しかったので買いました。
もしも大きさに制限がなければ、他にコストパフォーマンスが良いものがあります。

おススメのスピーカーについては、こちらの記事にまとめましたのでよかったらどうぞ。

「DTMのスピーカーを買いたい!」 そう思い立ったはいいものの。 それなりの値段がする代物です。 初めて買う...

JBL 「CAS33」

これは参考程度ということで。
JBLの「CAS33」で、パソコン向けのスピーカーです。
今でも使っているのですが、生産終了しています。

この機種は、特に作曲用途というわけでもありません。
ランクの高いパソコン用スピーカーと言う位置づけでしょうか。

ただ、このスピーカーは低音が豊かなので、気に入っています。
温かみのある音ですね。

大抵は、先ほどのGENELECの「8010APM」と音を混ぜて使っています。

「8010APM」はモニタースピーカーということで、やや無機質になりがちです。
それをこのCAS33で、まろやかにしている、と言う感じです。

どうやって音を混ぜているかというと、このすぐ後で紹介する機器を使っています。

切り替えに最適なアンプ

ヘッドフォンとスピーカーを合わせて6つ紹介しました。

しかし、これらを切り替える際、いちいちケーブルを抜き差しするのは大変です。

(´・ω・`)めんどくさすぎますよね

そこで、多チャンネルのヘッドフォンアンプが役立ちます。

自分はARTの「HeadAmp4」というモデルを使っています。

この機器は、スピーカーやヘッドフォンを差し込める接続端子が複数あって、それぞれに音量を調整できる、というものです。

日本のamazonでは、なぜかほとんど評価が付かないのですが、実はアメリカのほうでは評価がかなり高い機種です。

これについては、別記事もありますので興味があれば見てみてください。

僕は自分の部屋にスピーカーが2種類、ヘッドフォンが2つありまして。 それらを切り替えるのに、多チャンネルのヘッド...

ちなみに、この機種はチャンネルは4つですので、ケーブルも4つしか差せません。
自分は前述のとおり、6つ使っているので2つ足りないのですが、それほど使わないものについては、ケーブルを抜き差しして使っています。

もっとたくさん接続できる機種もあるんです。
でも、それだと機器のサイズが途端に大きくなるんですよね。
そのため、この4つの機器にしています。

(´・ω・`)自宅での使用だと、サイズも結構重要だと思います

あとがき

自分が使っているヘッドフォンとスピーカーを紹介しました。

複数持っているわけですが、もちろん機器自慢したかったわけではありません。
音楽雑誌やネットの情報サイトなどを見ていると、「すごい・・・」という機材ばかりです。
ですから、自分のを紹介するのはほんと恥ずかしいぐらいです。

ですが、こうして他の人が使っている機器と言うのは興味深いかなと。

これまで自分も、他の人の情報を大いに参考にさせていただきました。
読んでいただいた方に何かしら、ご参考になれば幸いです。

もしも、どの製品にしようかすごく迷って、困っているのであれば、こちらの考え方が役に立つかもしれません。
よかったら参考にしてみてください。

DTMに必須のヘッドフォン。 最初の頃はどれを選べばいいのか悩みますよね。 (´・ω・`)自分も経験あります・...
トップへ戻る