ヘッドフォンの締め付けがキツイ!?行った対策と最終的に処分した話

ヘッドフォンの締め付けがキツイ!?

これは自分の失敗談です。

まだ、DTMを始めたての頃。
1万円以上のヘッドフォンを買ったのですが、おそらく30時間も聴けずに処分してしまった。
そういう話です。

原因はヘッドフォンの締め付けでした。

今回は、そうしたヘッドフォンの締め付け行った対策
そして、処分に至った話などを紹介します。

(´・ω・`)ご参考になれば・・・

買ったのはこの商品

買ったヘッドフォンはこちら。
オーディオテクニカの「アートモニターヘッドフォン ATH-A900」です。

商品画像を見せたかったので、上記にリンクを張りましたが、生産はすでに終わっています。

ただ、商品ページを見ていただくとわかるのですが、Amazonでも高評価。
10年以上売れていたロングセラーの機種です。
上記のモデルは生産終了ですが、後継機も出ています。

当時、13,167円で買いました。

どうして買ったのか

他人の評価と、あと、見た目が気に入ったんですよね。

(´・ω・`)青いツヤツヤ感が気に入った

見た目と言うと、音とは関係ないようですが、実はプロでも見た目は大事にするそうです。

(´・ω・`) 確かに見た目がいいと、テンションも上がりますもんね

それはさておき。

何がダメだったのか

このヘッドフォンの何がダメだったのか。

まず、音は良かったんです。
これまで使っていた安物のイヤホンとは比較にならない。
満足していました。

ところが。

頭が痛くなるんです。

1時間ぐらい使っていると、頭が締め付けられるような。

単純に、頭が挟まれて痛いとか、そういう感じでもなく。

妙な不快感
わずかに頭痛がするんです。

そして、ヘッドフォンを外しても、その頭痛が残る
しばらく頭が痛いのが続くので、それを忘れる(または消す)ために寝ていました。

原因は頭の大きさ?

頭が大きさとかが原因なのかと疑いました。
自分の頭の大きさなんて、それまで意識したことはなかったんですが。

(´・ω・`)状況からして、やっぱり最初はそれを疑うと思うんです

まあ、しいて言えば。
大きいほうなのかなとは思います。
店で売られている帽子とかは、どちらかと言えば、小さい感じはありました。

ただ、それだけでもないと思います。
自分の体の特性とか相性かもしれません。

なんとか使おうと試してみた

せっかく買ったのにもったいないですから。
なんとか使えるようにと、工夫してみました。

まず、ヘッドフォンの締め付けをゆるめることを考えました。

そのために、ヘッドフォンにクセをつけるために、ティッシュボックスを挟ませました。
こんな感じです↓

図は、さほど違和感ない絵に見えるかもしれませんが。

ティッシュボックスを横にして、ヘッドフォンを挟むのは、とんでもなく広げている状況です。

(´・ω・`)もういっぱいいっぱい。

これで様子を見てみたところ、効果アリ

締め付けのゆるんだ感じが、はっきりとありました。

しかし状況は好転せず

それで装着してみたんですが。

やっぱり痛い

(´・ω・`)もうイヤ・・・

ということは、原因は締め付けじゃないのかもしれない。
自分との相性的なモノかも。

そう思って、もう使うことを半ば諦めまして
あとは、処分覚悟で、締め付けを調整するためのネジを外したりして、分解し始めました。

なんとか、使えるようにならないかと。
あれこれやってみたんですが。

結局、使えずじまい

最終的に、ヘッドフォンの残骸は、それに興味を持った友人にあげました。
一応、ヘッドフォンとして使えなくはなかったので。

(´・ω・`)自分は使えなかったですけどね・・・

挟むタイプの全てがダメなわけではなかった

その後、懲りずにヘッドフォンをもう1つ買ったんです。

SONYの「MDR-CD900ST」です。
知る人ぞ知る超有名なヘッドフォンですね。

実を言いますと。

これは聴けるんです。
「900ST」は問題ない。
長時間付けていても全然頭は痛くなりません。

後でわかったのですが、900STの圧迫はかなり緩いほうらしいですね

(´・ω・`) 装着感は重要ですね・・・

もしも、同じように締め付けで悩んでいる方は「900ST」も選択肢に入れると良いかもしれません。

あとがき

今回は、ヘッドフォンの締め付けと、それで行ってきた対策などを紹介しました。

はっきり言って、約13,000円が無駄になってしまいましたが。

(´・ω・`)まあそんなこともありますよね・・・フッ

もちろん、この商品が悪いわけでなく、おそらく自分との相性です。
でなければ、10年以上も売り続けられませんからね。

ちなみに、自分と同じように、ヘッドフォンの締め付けに悩んでいる人がいるかもしれません。

そうであれば、解決策としてインナーフォンにするという方法もあります。
インナーフォン型なら、耳に入れるだけ。
頭への締め付けはありませんからね。

(`・ω・´)b 自分はインナーフォンで作曲していますよ!

今回はご参考までに、自分が愛用しているヘッドフォンとスピーカーを紹介します。 ヘッドフォンのほうは、インナーフォン...
トップへ戻る