ネットの中古本買取で段ボールの無料請求するのをやめた理由

ネットの中古本買取で段ボールの無料請求するのをやめた理由

ネットの中古本買取。
本を送る際に必要になるのが段ボール箱

この段ボール箱を無料で送ってくれるお店があったんです。

「もったいない本舗」。
自分はこのお店を最初利用しようかと思っていました。

(´・ω・`) 他のサービスも良さそうで、ちょっとテンション上がっちゃってました

ところが。

日にちが経つにつれて、段ボール箱を請求する考えは薄れていきました

今となっては、勢いで頼まなくてよかったなと。
どうしてそう思ったのか。

日数が惜しい

まず1つ目の理由。
当たり前ですが、段ボールが届くまで待たなければいけない

当たり前ですよね。
なんですが。

自分はできれば、すぐに梱包して片づけたかった。
とにかく部屋をスッキリさせたかったんです。

すると段ボール箱が届く、その1~2日もまどろっこしく思えてきた。

(´・ω・`) 待つというのがどうにも・・・

行動が束縛される

2つ目の理由。
配達員が来る時間に在宅しておく必要がある。

自分の場合、配達員がくる時間というのは、どうにも気になってしまうんです。
ほんと、トイレにも行きづらくなる。

(´・ω・`) 気にしすぎだとは思うんですけどね

でもこれ、自分だけじゃないんですよね。
以前、ネットで見かけたのですが、ある人は在宅する日であっても、わざわざ荷物をコンビニ受取に指定しているとか。

(´・ω・`) 自分の好きなタイミングで受け取りたいそうです。

ネット買取だとさらにまずい

今回のネット買取の場合は、さらにわずらわしい。

というのも2回、配送会社を待つことになるからです。
1回目は、段ボールを届けてもらうとき。
2回目は、本を詰めた段ボールを送るとき。

それに気づいたら、段ボールを無料請求する考えは、急速にしぼんでいきました。

(´・ω・`) 届けてくれて楽になるはずが、逆に面倒に思えてきた

段ボールはどこで手に入れたか?

段ボール箱は、近くのお店などでお願いすれば普通にもらえます

自分は過去に3回もらったことがあります。
スーパーマーケットと、眼鏡屋さんと。
あとは先日、深夜のコンビニで。

ある程度、買い物してる店です。
あ、もちろん忙しくなさそうな時を狙っています。

(´・ω・`)案外、気さくにもらえるもんですよ

売った書店は?

コンビニでもらってきた段ボール3箱。
それに本をギリギリまで詰め込みました。

売った先はブックオフ
もう散々あれこれ調べまくって、最終的にブックオフが一番良いと決めました。

(`・ω・´)b 早いしカンタン!査定金額も高い!内訳も見れて気分スッキリ!

ブックオフは、段ボールを無料請求はできません。
でも無料請求はたいした要素ではないと気づきました。
モノを売るわけですから信頼できるお店を選んだほうが絶対に良いです。

(`・ω・´)b ちなみに2回目もブックオフで売りましたよ!

ブックオフで売る手順はこちらで詳しく解説しています↓

本を処分しようと思い立ちまして。 しかし、それからどの店にしようか悩みまくった。 別記事 ⇒ ネットの中古本買...
トップへ戻る