大量の要らない本!簡単に手っ取り早く処分するには?【5つの方法】

大量の要らない本!手っ取り早く処分するには?【5つの方法】

どっさりと溜まった本。
自分はこのたび、それらをまとめて処分したくなりました。

でも、いざ処分するとなると意外に難しかった

本を処分するといっても色んな方法があるんですよ。
調べてみたら次々出てくる。

(´・ω・`) それぞれに長所と短所があって何が何やら・・・

自分はもう「うわあああ!」と頭が沸騰しそうでした。

というわけで、調べに調べまくった自分が整理してみました。
大量の不要な本を手っ取り早く処分する方法を紹介します。

(`・ω・´)b レッツ断捨離!

処分する「5つの方法」

本を処分するには、次の5つの方法があります。

  • 廃品回収
  • 図書館への寄付
  • 個人にあげる
  • 中古本屋の店舗に持ち込む
  • ネットの中古本屋に送る

これらの長所・短所をかんたんに紹介していきます。

廃品回収

まず、地元の廃品回収に出す方法です。

この方法の長所と短所は下記のとおり↓

書籍の種類を問わず処分できる
×廃品回収の日まで待たなければならない
×捨てるまでの間、自宅の中で場所をとる
×縛る手間がかかる

上記の1つ目に長所として、「書籍の種類を問わず処分できる」とあります。

実は他の方法だと「雑誌」は処分できないなどの制約があるためです。
全ての本を処分できるというのは、廃品回収の大きなメリットです。

図書館に寄付

無料でもいいから処分したい。
そうなると、この発想が想い浮かぶ人もいると思います。
図書館へ寄付

(`・ω・´)  寄付するんだから、きっと好意的に受け取ってもらえるだろうな!

自分はそんなイメージを抱いていたのですが・・・。

これ調べましたらなかなか難しいようです。

というのも図書館は本を置くスペースが限られている。
ですので、そもそも受け入れ自体を断っているところも多いようです。

もちろん探せば、本を欲しい施設は全国にいくらでもあるのかもしれません。

ただ、それを調べてまで寄付するエネルギーがあるかどうか。

(´・ω・`) 自分にはなかった・・・。ゴメンなさい。

長所と短所を挙げておきます。

施設への寄付で社会貢献できる
×受け入れ先を探す手間がかかる
×全ての本を受け入れてもらえるわけではない

寄付後の運用方法について

図書館への寄付には、もう1つ注意事項があります。

図書館が本の寄付を受け入れてくれたとします。
でも、その後の運用方法は図書館によって異なるようです。

例えば、ある図書館では入り口あたりに「ご自由にお持ち帰りください」のコーナーを作って、来館する人にあげているとか。

寄付した人によっては「そういう意図で寄付したわけではなかった」とガッカリすることもあるようです。

(´・ω・`)  人間心理ってムズかしいですね

個人にあげる

せっかく買った本を捨てるのは惜しい。
かと言って、タダ同然で中古本屋に売るのもなんだかバカらしい・・・。

どうせなら、この本を本当に欲しい人に有効活用してもらえたら!

ということで個人にあげるという選択肢です。

もちろん、自分の周りでもらってくれる人がいれば、そのままあげればよいわけですが。
あげる人がいない場合はどうするか。

欲しい人を見つけるサービス

実は不要品を誰かにもらってもらうサービスがあります。
「メルカリアッテ」「ジモティー」などのサービスです。
※追記:「メルカリアッテ」は2018年5月31日でサービス終了となります。

例えば「本をタダであげます」と商品を登録。
(値段をつけることもできます)
で、それを欲しい人が落札して商品を取りに来ます。

この方法の長所・短所は次のとおり。

書籍がだれかに有効活用される満足感
×サービス登録に手間がかかる
×やりとりの手間がかかる
×受け取る人と会わなければいけない

書籍には向いていない?

書籍の場合、このサービスはあまりお勧めではないと思います。

自宅まで取りに来てもらうとなると、自宅を知られることになります。
どんな人が来るのだろうと、不安になる人もいるのではないでしょうか。

一応、引き渡し場所を別に指定することは可能です。
でも、それをするんだったら、もう中古本屋に持ち込んだほうが良い
気苦労も無いし、手っ取り早いです。

このサービスが向いているのは、ソファとか自転車とか家電製品とか。
大きくて不燃ゴミにも出せない、または配送の梱包がしづらいとか。
いわゆるどうしようもなく処分に困る商品ですね。

中古本屋の店舗に持ち込む

近隣にあるブックオフなどの中古本屋の店舗に持ち込む方法です。
長所と短所は次のとおり。

すぐに処分できる
多少でも値段が付く
×近くに店舗が必要
×持ち込むために車が必要
×引き取れない本がある(雑誌など)

売るといっても、値段はタダ同然の可能性もあります。

しかし、無料でもいいから処分したいというのが前提なら、この選択肢は全然アリでしょう。
値段がつかない本は引き取ってくれます。(または持ち帰りもできます)

この方法は、近くに店舗がある人は有力な選択肢です。

ネットの中古本屋に送る

最後となる5つ目の方法はネットの中古本屋に送る方法
個人的にはこの方法が最もおススメです。

まず、ブックオフなどの中古本屋は、ネットを通じての買取サービスも行っています。

そして驚くべき点が、このサービス。
なんと本を送る料金は無料なんです。

会社によって無料になる条件に差異はありますが、全然厳しいものではありません。
例えば、大手のブックオフの場合、本は10点以上であれば送料無料になります。

(´・ω・`) 10冊なら余裕で送れますよね

この方法の長所と短所は次のとおりです。

すぐに処分できる
多少でも値段が付く
店舗が近くになくてもOK
×サービス登録や申し込みの手間がかかる
×引き取れない本がある(雑誌など)

サービス登録や申し込みに手間がかかる、と書いていますが、店舗に持ち込んだりする手間と比べれば全然少ないです。

この方法は家に居ながらにして処分できる。
ですから、たとえ店舗が近くにある人でも使ったほうが良いとさえ思います。

まとめ

迷いに迷って、さんざん調べた結果。
自分が最終的に選んだのは「ネットの中古本屋に送る」でした。

もうやってみたら圧倒的に便利
この方法に気づけてほんとに良かった。

(´・ω・`)  無料で送って、お金ももらえる。便利すぎでしょう。

おかげで部屋の中がものすごくすっきりしました。
ずっと処分できなかったので気持ちまで楽になる感じですね。

自分が利用したのは大手中古本屋のブックオフ
この店選びもまた、ものすごく悩みまくって調べまくったんです。

このたび、本をまとめて処分したくなりまして。 大体170冊ほど。 いろいろ考えた末、ネットの中古本屋に売ろう...

ブックオフはいろんな面でメリットがありました。

(`・ω・´)b 早いしカンタン!査定金額も高い!内訳も見れて気分スッキリ!

ブックオフで売る手順は、別記事で詳しく解説しています。
よろしかったらどうぞ↓

本を処分しようと思い立ちまして。 しかし、それからどの店にしようか悩みまくった。 別記事 ⇒ ネットの中古本買...
トップへ戻る