「ZIPファイルとはなに?」という方のために用途や目的を丁寧に解説

zipファイルとは何かを解説

本記事では、パソコンのファイル形式の1つである「ZIP(ジップ)ファイル」について説明します。

ZIPファイルとは

ZIPファイルとは、ある特定の目的のために、元のファイルを「ZIP」(ジップ)という形式に変換したファイルです。

「ある特定の目的」というのは、次のものがあります。

  • 複数のファイルを1つにまとめる
  • ファイルサイズを小さくする(圧縮する

これらの用途がどの場面で活用できるかというと、多くはインターネット上からファイルを入手する場合です。

ファイルのサイズは、できるだけ小さくしたほうが、ダウンロードにかかる時間も少ないですし、回線への負担も減ります。

また、複数のファイルをダウンロードさせるのであれば、1つずつではなく、ファイルを1つにまとめてダウンロードさせたほうがスッキリします。

これらのことから、メールでファイルを添付する際にも、ZIPファイルにしてから送る人もいます。
特に、仕事の場面では「複数の資料をZIPファイルで1つにまとめて相手にメールで送る」といった使われ方があります。

ZIPファイルの外見

ZIPファイルは、Windowsの初期設定では、下図のようなアイコンで表示されます。

zipファイル

ただし、パソコンの設定によっては、別のアイコンで表示されることもあります。

ZIPファイルはどうやって元のファイル形式に戻すか

ZIPファイルを、元のファイル形式に戻す手順は次のとおりです。

1)戻したいZIPファイルを右クリックします。

2)[すべて展開]をクリックします。
3)続いて、表示された画面の[展開]ボタンをクリックします。

4)これでZIPファイルとは別に、元のファイルが入ったフォルダが新たに作成されます。
※ZIPファイル(下図だと右側)のほうは、もう不要ですので削除してかまいません。

圧縮ファイルを元のファイル形式に戻す処理を「解凍」といいます。
ZIPファイルを扱っていると、どこかで「解凍」という単語を見かけるかもしれません。

手っ取り早くZIP内のファイルを確認したい場合

ZIP内のファイルをただ確認するだけであれば、わざわざ上記の手順を行う必要はありません。
単純にZIPファイルをダブルクリックすればフォルダが開くので、中のファイルを確認できます。

ただし、圧縮されたままだとファイルの使用に制約がかかります
ですので、確認だけでなく、ファイルに対して何かしらの作業を行うのであれば、先ほどの「すべて展開」を行ったほうが良いでしょう。

複数のZIPファイルをまとめて元に戻せる?

ネット上からファイルを手に入れる場面で、下図のようにZIPファイルがたまることがあります。
複数のZIPファイルこれらを1つずつ元のファイル形式に戻すのは面倒です。

この場合は、解凍ソフトを使った後に、まとめて取り出す処理を行うと良いです。
詳しい手順はこちらで解説しています↓

イラストAC・写真ACでダウンロードした素材をまとめてZIPフォルダから取り出す方法
「イラストAC」や「写真AC」では、ダウンロードした素材はZIPファイルに入っている。 だから、「とりあえず目につ...


なお、先に説明した[すべて展開]では複数のファイルをまとめて戻すことはできませんので注意してください↓

Windowsの「すべて展開」でZIPファイルをまとめて展開できないのはなぜ?
先日、Windows10のほとんど初期状態のパソコンを使っているときに、複数のZipファイルをまとめて解凍したい場面...


以上がZIPファイルの説明になります。

トップへ戻る