【Windows10】スタート画面にアプリやフォルダーを追加(ピン留め)する

Windows10のスタート画面にあるタイルのようなボタンは、そのまま見た目のとおり「タイル」と言います。
win10-startmenu-tile-add1

よく使うアプリやフォルダーをこの場所に登録しておけば、このスタート画面から素早く開くことができます。
それと、タイルはボタンが大きいので押しやすいのも地味に長所です。

追加する場合、「アプリ」と「フォルダー」で手順が異なりますので、順に説明します。

アプリをスタート画面に追加(ピン留め)する

(1) 追加したいアプリ(下図は例としてWord)を検索します。
win10-startmenu-tile-add1

(2) 検索結果に表示されたアプリを右クリックします。
win10-startmenu-tile-add2

(3)[スタート画面にピン留めする]をクリックします。
win10-startmenu-tile-add3

(4) これでスタート画面にタイルが追加されます。
アプリを追加する場合の手順は、これで完了です。
win10-startmenu-tile-add5

フォルダーをスタート画面に追加(ピン留め)する

(1)追加したいフォルダーを右クリックします。
win10-startmenu-tile-add7

(2) [スタート画面にピン留めする]をクリックします。
win10-startmenu-tile-add8

(3) フォルダーがタイルに追加されました。
win10-startmenu-tile-add9

トップへ戻る