スマホの画面を傷から守る!保護フィルムの必要性と注意点

smartphone-protective-film0

僕はスマホやタブレット端末を買うと、まずは保護フィルムを貼るタイプです。
仕事やプライベートで複数の端末を扱っていますが、さほど使わない端末以外は全部に貼っています。
これまで15~20枚ぐらいは貼ったのではないかと思います。

理由は、もちろん傷がつかないようにです。万一、端末の画面に傷がついたら、がっかりしますからね。
(´・ω・`)  あのやるせなさ・・・

実際に助かったケースはあったのか?

これまで4~5年間で常時、複数の端末を利用していきました。
その中で、明確に画面を守ってくれたと思うのは3~4件あります。

例えば、そのうちの1つは自宅の鍵かなにかで、スーッと一本線で大きくひっかいたような。どこでそうなったのかはわからないんですが、傷がついていました。

まあ、その件数が多いのか少ないのか、ビミョーな感じがするかもしれませんが、高価格のスマホだと傷つくとがっかりするんで、そういう端末には貼っておいた方がいいと思います。

まあ僕は安い端末でも貼ってますけどね。
(´・ω・`)ええ、ビビりですよ。

今はガラス製品が人気

保護フィルムというと、以前は、薄いビニールみたいなものを貼るのが主流でしたが、今はガラス製品もあります。極めて薄いガラスです。例えば、こんなの。

価格としては、フィルム製よりガラス製の方が高め。1,000円を超えるものもあります。でもガラスは値段が高いかわりに、見た目がきれいで高級感もある。

ガラス製の商品は、以前よりかなり増えたので人気なんでしょうね。

保護ガラスを選ぶ注意点

保護ガラスのほうが高級感があるので、最近は僕も、もっぱらガラス製を買っていたんですが、最近になって、注意点に気が付きました。

割れやすい。(´・ω・`)ほんと
メーカーにもよると思うんで、一概には言えないですが、思った以上に割れやすいです。

衝撃を吸収するために、あえて割れやすくしているのかも?
ですが、ちょっとした衝撃でピキッと割れるのはどうかと。

あの、小学校だったか。理科の顕微鏡に載せるやつ。
プレパラート。薄いガラスです。
さすがにあれほど割れやすいわけじゃありませんが、そういうイメージですね。

ある人なんか、商品を取り出し、貼るほうの面を保護していたシールを剥がしたら、その衝撃でガラスシート全体が割れたという人もいます。
まだ、スマホには貼ってすらいないという。

そもそもスマホのガラスというのは、多少のことでは傷はつきにくい強度になっています。
だから、もしかすると。
スマホに直接だったなら何も起こらなかったはずの衝撃なのに、保護ガラスのほうだけ耐え切れずに、パキっと割れる。そんなことも起こりうる。

でも、そのとき、勘違いしてしまう。
「おお!保護ガラスが守ってくれた!」と。
で、こいつはいい商品だ!必須アイテムだわ!と、ウキウキして再購入してしまうという。

(´・ω・`) それ、なんて俺…

2枚目が割れた時、気づいたんです。あ、これ、そういう理屈もあるわと。
いくらなんでも割れやすい。

そうなるとフィルムのほうがいいのかもしれない。
割れないし、価格ももう少し安いですから。
でも最近はガラスの商品が多いですしね。うーん。

保護ガラスを選ぶなら特に気をつけてほしいこと

実は保護ガラスであっても、これをクリアすれば割れにくくなると思います。

保護ガラスを貼ったときに、その厚さ分がスマホからはみ出てないかです。
下図はスマホを真横から見ている図で、上の青い線が保護ガラスを表しています。

smartphone-protective-film3

このように出っ張っていると、その保護ガラスの端に、何かが当たりやすくなる。で、ピキッと割れやすくなる。

保護ガラスというのは結構、端が弱い。
で、端が欠けただけのように見えても、日数が経てば、欠けた場所からピシッと亀裂が大きく入ってきます。
見た目がみっともないので、こんなんだったら剥がしたほうがましだわ、となります。

逆に、端末のフレームのほうが出っ張っていて、スマホの画面部分が凹んでいる端末であれば、保護ガラスはその分、割れにくくなります。
まあ、端末は薄さが命のところもあるんで、そんな出っ張っている端末もなかなか無い気がしますが。

あと、そういった欠点を見越して、保護ガラスの中には、端を丸く加工している商品もありますね。それであれば少しはマシかもしれません。

そうそう。それと、スマホにカバーを付けるのはアリですね。
カバーはたいていスマホの表面よりも出っ張りますので、保護ガラスの端がガードされることになります。

保護フィルムのほうの注意点

保護フィルムは最近、ガラスに押され気味なんですが、使おうか迷われている方のために、こちらも簡単に注意点を紹介しておきます。

貼るのは大体でOKにしよう!

貼るのが初心者で、不器用な人は、出来栄えにあまり期待しないほうがよいでしょう。手作業で、しかもフィルムはヘニャヘニャしますので、貼るのがむずい。あまり気負うと、変にストレスを抱えます。

気泡は結構入ります。「気泡が入らない」とうたっている商品がありますが、それでも入りますので。そういうものなんです。
それに貼った直後は気になるんですけど、使ってるうちにすぐに気にならなくなります。

ですから、おおらかな気持ちで貼ってください。
( ^ω^ )おっしゃ!大体こんなもんやな!

光沢ありと光沢なしはどっちがよい?

保護フィルムは「光沢あり」(グレア)と、「光沢なし」(ノングレア)があります。
よほど明確な目的がない限り、グレアで良いでしょう。

実は、僕は「光沢なし」のほうをずっと使い続けていたんですが、途中から「光沢あり」の一択に変わりました。見た目の綺麗さが断然違う。端末の映像美がもったいない。

あと、光沢なしのほうは、ハズレの商品だと変なにじみが出るものがあります。
ですので光沢ありをオススメ!(`・ω・´)b

フィルムを綺麗に貼るコツ

ガラス製でもフィルム製でも、共通するコツです。
キレイに貼りたいなら、ホコリが入らないようにするためにお風呂場で貼ります。
こだわりたい方は、ほんのちょっと面倒ですがお風呂場まで行ってください。
ダンゼン楽です(`・ω・´)b

貼ること自体はシンプル。端を合わせたら、そこから気泡を押し出しながら丁寧に貼っていく。もうそれしかないんじゃないでしょうか。慣れも必要です。

まとめ

なんだかんだでこのジャンル、Amazonのレビューの数から察するにかなり売れてますね。

そして、商品の価格破壊が異常。
ものによっては、定価3,400円だったのが、なんと99円で売ってますからね。
逆にどんだけボッタくってたんだと。

たくさんメーカーがあって選ぶのに困ると思うんですが、ある程度、レビューの評価を参考にしつつ、最終的にあとは勢いでしょう。
あまり安すぎるのは注意です。特にガラス製は割れやすいと致命的ですよ。

ここまでお読みいただきありがとうございました。
参考になったら嬉しいです~(^^)

トップへ戻る