ベッドの床板が割れたので慣れないDIYで「すのこ」を作成してみた

sunoko-bed-topベッドの床板が割れてしまった。

安物のシングルベッドで、それでも10年以上は使っていたのだが、少しずつ木製の床板は壊れていき、そしてとうとう昇天。

最後の瞬間は、普通に寝ころがっていたところ、突然「ボキィ!」とお尻のあたりが凹んで。
確認すると、ベニヤ板とその裏にあった細い木材のフレームが折れていた。

さすがにこれはやばいことになったと。ぬーん。

床板をネットで探すも…

新しい床板を買おうとネット検索。しかし・・・。

(´・ω・`)売ってねぇ・・・

売ってないんですよ、これが。
オーダーメイドしかない。12,000円ぐらい。

もしか、ネットで床板を買おうと思われている方。諦めた方が良いかも。
かなり探しましたよ。でも無い。

12,000円でオーダーメイドするぐらいなら、下手すれば、別の新品ベッドを買ったほうが割が良くなるかもしれません。

まあでも自分はベッド全体を置き換えるのも面倒だし、それにベッドを取り出しづらい設置をしているので、どうしても床板だけの取り替えにおさめたかったんですよね。

市販のすのこは代用できるのか

市販のすのこで代用しようと思いましたが無理でした。

すのこには大体の規格があって幅は大体85cm。
それだとベッドの幅に足りない。自分はシングルベッドなので幅100cmが必要。

100cmのすのこもわずかにあったのですが、結局、ベッドの縦の長さに合わない。
まあそりゃそうだよね。

で、それも諦めた。はーん・・・

合板を載せるだけにするか

できれば工作はしたくなかった。
だから、合板(分厚いベニヤ)を店で必要な寸法にカットしてもらって、それをベッドに載せるだけにするかと考えた。
板でフタをするような感じ。ベッドの3分割ぐらいのサイズにカットして。

だけど、合板の上にマットを直接載せていると、隙間がないので通気が悪くなり、マットの裏にカビが生えるらしい

じゃあカビを防ぐには、その合板の上に「ロール式すのこ」を載せれば良いとも思った。

でも、それだと合板の値段プラス「ロールすのこ」の値段がかかる。

あと値段もそうだが、合板の上にすのこを載せるんだったら、やっぱり自分ですのこを作って、すのこだけで済ませたほうがいいんじゃないかと。
そういう結論に達した。

DIYにレッツチャレンジ!

しゃーねぇ!作っちゃるか!
(`・ω・´) オレの日曜大工ダマシイが目覚める・・・っ!

こんな工作したことなかったんですが、売ってないんだからしょうがない。
木材ですのこを作成することに。
てか、マジで寝床を確保せねば・・・

床板すのこの完成イメージ図

こんな感じのすのこを作ることにした。

ベッド床板のすのこ ベッド床板のすのこを並べた図

用意した材料は次のとおり。
※寸法は同じシングルでもベッドによって微妙に違うので参考ね。

  • SPF材 1×4 を 約1m(ベッドの横幅)にカットしたもの 18本
  • 同じくSPF材 1×4 を 約67cm(ベッドの縦3分割した長さ)9本
  • 釘(ネジ)を4(直径)×長さ30mm を必要数

あと、釘を打つための電動ドリルは押し入れにあったのを利用。
これはかなり安いやつだったと思う。

念のためだが、電動ドリルは安物と言っても電源はケーブル式のもの。
乾電池式のものもあるがやめたほうが良い。力が弱すぎるとかなんとか。

↓これではないのだが、値段的に同じクラスのものだと思う。

SPF材は買ったお店(ホームセンター)で、カットしてもらいました。
買ったSPF材の本数は18本。
1本の長さが180cmぐらいで売ってるんで、1mの長さに切ってもらった後、その余った分から67cmも9本とれた。

ちなみに、他の不要になった木材も、店で処分してもらわずに4~5本はもらってきたほうが良いかも。
釘を打ち付けるときに、捨て木にするなど便利。

sunoko-bed3上図だと3本の捨て木だけだが、あともう1本あると、並列に並べた木材の端に当てて綺麗に揃えるのにも使える。
処分してもらわずに、もらってきといてよかった。
余った木材があると何かと役に立つ事を知る。

(`・ω・´)b うん、着実に成長しているな!

そして、作成へ・・・

釘を打つときは、まず、ドリルで木材に下穴を開ける。
その後、ドリルの先端を差し替えて、ネジ釘を打ち込む。

下穴&釘の打ち込みのやり方についてはYoutubeで調べると動画がいくつも見つかる。
オレと同じく、DIYやったことがない方はそちらで視てみてください。

なにぶん自分は初心者なので作業はかなりビビっている
電動ドリルの先端を変えるときには、トリガーのロックをいちいちかけて。

下穴を開ける → ロックかける → ドリル先端を取替え → 釘を当てる → ロック外す → ネジを打ち込む → (最初に戻る)

はたから見れば、さぞまどろっこしく見えたことだろう。
「なんで、こいつはこんなにビビってるんだ? ビビりすぎだろ?」
観衆の声なき声が心に響いてくる。

でもオレは思うんだ。

「怖いと認めることと、そこから逃げることはイコールじゃない。」

(`・ω・´)bいいこと言ったな、うん!

作る人がいたら怪我しないように気をつけてね!
軍手ハメて作業はヤバいよ!軍手がドリルに巻き込まれちゃうからね!

だいたい完成した

というわけで、なんとか仮完成。

sunoko-bed4この時点では、縦方向の木材はまだ中央の1本しか打っていない。
もう夜に突入していたので、残りは明日以降に打つことにした。

え?木材の間隔がおかしいって?
よく見ると適当過ぎやしないかって?

いや、目の錯覚でしょう
(´・ω・`)よくあるやつ。ね、ほら。よくある。

しかし、これだけでも十分に頑丈。
マットを載せても大丈夫になったので、本日の寝床は確保できた。

いやーよかったよかった。

トップへ戻る