【レビュー】「キンドルアンリミテッド」を2ヶ月間使ってみたら案外良かった

Amazonの読み放題「キンドルアンリミテッド」を2ヶ月間使ってみた感想

Amazonの電子書籍読み放題サービス「Kindle Unlimited」。

月額980円で14万冊以上が読み放題。

管理人は2ヶ月間使ってみました。
まず、最初の30日については、お試し期間で無料で使えるんですよね。

そして2ヶ月目は間違えて継続してしまったのでした。

(´・ω・`) うおーい

でもしょうがないのでせっかくなので2ヶ月目も使ってみた。

読んだ本は、ブログ関連の本やら趣味の本やら。全部で8冊ぐらいか。
2ヶ月ならもっと読めよ、という声も聞こえてきそうですが。

Kindle Unlimitedの当初の印象

Kindle Unlimitedは、2016年8月3日にサービス開始。
当初はそれなりにニュースでも騒がれていました。

何と言っても天下のAmazonによる書籍の読み放題サービスですからね。

早速のレビュー記事もよく見かけました。
わりと肯定的なものが目立っていた印象で。

(´・ω・`) こりゃ俺もいずれ使ってみるかな

などと思っていたのですが。

改悪のニュースを目にする

サービス開始からしばらくして、どんどん読める対象の書籍が減ってきたとか。

まず、最初の1週間で大幅に削られ。
さらに、削除はとどまらず、どんどん減っていった。
2ヶ月後には講談社がAmazonの勝手な削除に抗議文を出すにまで至る。

しまいには世間から「読める読める詐欺」などと揶揄されて、俺の印象も

(´・ω・`)どないなのよ・・・

と思っていた。

それで12月頃になって、管理人もようやくKindle Unlimitedを試すことに。

実際に使ってみた最初の感想

最初の感想は「Kindle Unlimited、やっぱり使えねぇ」だった。

とにかく見たいものがない。
なんだろうか。普段のAmazonのショッピングなどと違って各作品に興味をそそらない
作品が悪いと言ってるわけでなく、なんだかわくわくしない。

あと、あなたへのオススメがうまく作動していない印象もうける。
対象書籍が少ないからだろうか。

最初の1~2週間はまだ無料期間内ということもあって、かなりいい加減に利用していた。

気持ちを入れ替えてさらに書籍を検索

一度がっかりした後、しばらくしてから、改めて対象書籍を根掘り葉掘り検索する。

すると前から興味のあった好きな作家発見。
「お、この人、1年ぐらい経ってる作品は無料対象になっているのか。これは読むべし。」

すると途端にお得感が増してきた。

(´・ω・`)現金なヤツだなぁ

それから、さらに検索すると、もう1つ好きだった別のシリーズを発見。
そのシリーズはクオリティ高くて好きだったので、すでに2冊は持っていたのだったが、他の作品も無料対象だということがわかる。

(´・ω・`) ・・・あれ?なんか良いぞ?

楽しむためのコツ

Kindleアンリミテッドの楽しみ方について、ひとつわかった。俺なりの答え。

Kindleアンリミテッドは書籍との出会いまで耐えながら検索できるか。

これで決まってくるのではないだろうか。
もちろん1冊も出会えなければ終わるが。

先にも書いたが、どうにもオススメの作品がうまく機能してない印象がある。
そのせいか頑張って探さないと見つからないのかもしれない。

あ、あとそれともう1つコツがありました。

過度な期待はしないこと。

やっぱりみんな期待があったと思うんですよね。サービス開始当初は。

「Amazonならやってくれる!」
「とうとう時代は書籍まで読み放題か」

(`・ω・´) キタキターー!

ところが蓋を開けたら内容は中途半端。
しかも対象書籍はみるみる削られていく。

(´・ω・`) ・・・

他サービスとの比較をした人もいたと思う。
特に「プライムビデオ」の割安感と比べるとキツイ。

プライムビデオは、プライム会員になると利用できる。
会員費用は年間3900円だから月額にすると325円
それでドラマや映画が見放題

しかし、Kindle Unlimitedは、プライムとは別料金を支払わなければならず、しかもそれが毎月の980円。

月額980円で14万冊読めるのに。安いはずなのに高い

(´・ω・`) この割高感・・・

あとがき

楽しむためのコツはまとめると2つです。
「好きな本に出会えるまで探し続けて」
「多くは望まないで。あるがままで」

よく考えてみれば。
「読みたいなぁ」と思っていた本が何冊か、読み放題の対象書籍になっていたなら、それでもうオトクなわけだ。

というわけで、Kindle Unlimited。
オススメかどうかと言われたら、なかなかよいのではと思う。

(`・ω・´) b 俺は楽しめたよ!

トップへ戻る