送信したメールを取り消したい!→ Gmailで可能にする設定

間違えてメールを送信してしまった…。
そんな経験は誰にでもあるのではないでしょうか。
「業務で給与の金額を記したメールを関係の無い他人に送ってしまった…」とか、そういうリアルな話を周りでも聞いたことがあります。
gmail-send-cancel00
通常、メールは送信しても取り消せないのですが、Gmailでは設定を変更することで可能になります。
正確には、一定の時間(最大30秒まで)が経過するまでは送信を取り消すことができます。

ですので、この設定を有効にしておけば、送信直後に「あっ!やばい!」と気づいたときに「ならば取り消し!・・・ふー、よかった!」と助かります(^^)

送信が心配な方は、ぜひこの設定を有効にしてみてください。
(初期状態では、機能はオフになっています)

設定変更の手順は次のとおりです。

送信したメールを取り消すようにする設定

(1)Gmailにログインしておきます。

(2)図の箇所をクリックします。
gmail-config1

(3)[設定]をクリックします。
gmail-config2

(4)[全般]をクリックした後、[送信取り消し機能を有効にする]をオンにします。
※取り消せる時間は好みで設定してください。(最大30秒まで)
gmail-send-cancel

(5)下までスクロールして、[変更を保存]をクリックします。
gmail-send-cancel2

(6)これで設定は完了です。

実際に取り消すにはどうやるのか

送信したメールを取り消すには、送信した直後に、画面上部に表示されるメッセージの中にある[取消]をクリックします。
gmail-send-cancel3

クリックすると送信が取り消されて、送信したメールの作成画面(つまり、送信ボタンを押す直前の状態)が表示されます。

以上です。

トップへ戻る